経ヶ峰


経ヶ峰から
経ヶ峰から

【日 時】2016年10月12日(水)
【天 候】
【山 名】経ヶ峰(819m)
【山 域】布引(三重)
【ルート】 (11:05)細野登山口--(12:50)経ヶ峰--(14:20)細野登山口
【所要時間】3時間15分
【メンバー 】単独


雨が続き一か月ぶりの登山。腰は余り回復せず。近くの経ヶ峰に出掛ける。飲料、軽食、果物をザックに詰め込む。スーパーでおにぎり弁当を買って広域農道から国道に乗る。長野の集落に入り左折。目無し地蔵と経ヶ峰登山口の標識が現れる。駐車場には車が4台。女の子と連れた老年男性がスタートして行った。ユックリ身支度を整え出発する。

植林帯に入ると寒さを感じる。ユックリ登って行く。中電の送電標識風の黄色い標識がある。植林帯を抜け尾根に出ると日当たりの良い急坂になる。葉を落としている秋の自然林。木の階段の急坂になる。単独の男性・女性が下山。人の踏み跡でシッカリした道。標高600m付近に植林の中に切り開きがある。ベンチで昼食タイムとする。

笹が現われる。暫く進むと尾根に乗り少し傾斜が緩む。標高700mの標識。山頂方面が見える。平坦なルートになる。穴倉からのルートと出会う。ここから比高100mの暗い植林帯の急坂になる。登り詰めたところが山頂の一角で平木からのルートと出会う。山頂への開けたところは風が吹き抜ける。

視界は良いが、やや霞が掛り、伊勢湾岸線が判別できる程度。西風が冷たく展望台の下で雨具を着込む。先に出発して行った女の子連れは下の方で寛いでいる。青山高原の風車群が勢いよく回っている。

ユックリ来た道を辿る。アキグミ・リョウブが実を付けている。往路の休憩地で休憩。細野登山口の車のところに戻る。上は寒かったが下に来ると汗ばむ状態。


囲炉裏村トップページへ      ホームページにどる