トロンハイム〜ソルセル


【日 時】2006年 6月24日(土)
【天 候】晴れ時々曇り


宿舎は前夜祭は夜遅くまで行われていたようだ。本日は自転車レース出場者が朝早くから騒がしく、家内は睡眠不足の様子だった。今日も雲が流れ白波が立っている。

朝食をユックリ摂り出発。E6に入るが二箇所に料金所があり15KR、10KRを徴収される。

ストヨルダールで給油してE14になる。高度を徐々に揚げると雪山が姿を表す。峠が国境になっていたが、二つの国旗があるのみだった。

スウェーデンに入ると晴れた穏やかな天気になった。交通量が減り道路が真っ直ぐに、運転も楽になる。徐々に高度を下げ平坦な森林と湖が続く。

エスタースンドからR45に入りオーセンで昼食を摂る。

集落の郵便受けが道路端に並んでいる。ワタスゲ・フウロウ・キンバイなどが群落をなしている。
国境 郵便受け
国境
郵便受け
オンエルマンランドの道は褐色に舗装されていたが、ラップに入るとグレイの舗装になった。

ソルセルで投宿となる。ガソリンスタンドのショップで食料を仕入れる。22時、空はまだ明るい。


囲炉裏村トップページへ      ホームページにもどる