ハマレ〜オスロ

オスロ
オスロ

【日 時】2006年 6月18日(日)
【天 候】晴れ後曇り


晴天が続く。朝食を摂り、洗濯物を乾かす。出発時に受付女の写真を撮る。本日はオスロまで移動。

家内が道端のルピナスのような花を撮る。この花はどこにでも咲いている。

セルフスタンドで初の給油を行う。12.2kr/L(180円/L位)でビックリする。睡眠が不十分ですぐに目がしょぼつく。昼食がてら仮眠する。

国境は申告物がないため停車なしで通過する。
移動中 ルピナスのような花
移動中
ルピナスのような花
ノルウェーに入ると路面のセンターラインが黄色になりカーブも多くなる。オスロに近づくと料金所があった。auto,coin,manualのレーンのcionに並んでしまう。20krをコインで払おうとしたがなかった。車を退避してマニュアルの管理者ところまで行き払おうとしたが所持していたのはスウェーデンkrだった。ノルウェー貨幣の変換はしていなかったのでカードで支払うことにした。

左に海が現われヨットが帆走する。オスロ市内も道路が輻輳しており、違ったループを選択したが、幸いにもバスターミナル横に降りた。駅で市内地図を手に入れ換金する予定だったが、日曜は換金コーナーも休業だった。

ユースも満員だったが違う宿泊所を紹介してくれた。宿は高台にあった。

近くの鉄道駅を見に行く。少し風があり、曇り勝ちになってきた。


囲炉裏村トップページへ      ホームページにもどる