ストックホルム

ストックホルム
ストックホルム

【日 時】2006年 6月16日(金)
【天 候】晴れ


熟睡できたが睡眠は短かく、フラフラする感じがあり、連泊することにする。

今日も快晴。朝食を済ませ、車をフラワー駐車場に移す。

ツンケンダム駅から地下鉄に乗る。旅行者が20クローネ紙幣のニルスとモルデンの図柄を繁々と眺めている。中央駅で降りる。駅にはヘステンという看板があり沢山のベッドのようなものに寝ている人がいた。インフォメーションで聞いて駅前で車のルートマップを購入。

ノーベル賞の授賞式が行われる市庁舎に向かう。クングスホルメンに渡るとXX島クルーズなどの船着場がある。市庁舎の塔に登る人数には30人の制限があり行列になる。通常は5階までリフトでその上は徒歩となる。屋上からはストックホルムが全望でき、ガルムスタン、セーランド島を眺めることができる。鐘楼があり丁度12時を告げる鐘がなった。

国会議事堂などを眺めながらガルムスタンに渡り、食事を摂る。
市庁舎 ガルムスタン
市庁舎
ガルムスタン
王宮の2つのツアーを廻る。14時には兵隊の交代式が行われていた。

ノーベル記念館を廻る。
兵隊の交代式 ノーベル記念館
兵隊の交代式
ノーベル記念館
陽射しが強い。

ユースに戻り、車を移動。夕食は近くで中華料理を摂る。


囲炉裏村トップページへ      ホームページにもどる