リヒテンシュタイン

マルブーン
マルブーン

【日 時】2005年 7月 7日(木)
【天 候】曇り時々雨


本日は北側は前線が抜け切らず、ドロミテに行くことも考えたが、翌日ミュンヘンで会う約束があった。久しぶりに美味い食事に有り付いた感じで、朝食をユックリ済ませる。

チェックアウトの時、グラオシュピッツへの登山ルートを聞くと、リヒテンシュタインの最高峰だが可也険しそうな返事が返ってきた。

雨模様で山に登る気はないが、リフトのあるマルブーンに行ってみる。トリーセンからトリーセンベルグに上がるつもりが道に迷う。下まで降りて標識に従う。急勾配の坂を登っていく。ライン川を挟んだ対岸の山には少し雪が見える。工事中の箇所が幾つかある。交互通行のトンネルを抜け迂回路を通る。道の終点でリフトが動いていたが上部は曇っていた。スイスの半額券が利くかと尋ねたがノーの返事が返ってきた。インフォメーションで地図を買う。

下まで戻り、フェルドキルヒからオーストリアに入る。国境には管理者がいたが、窓からパスポートを提示するだけで通過できた。高速に乗るがサンクトアントンの長いトンネルを抜けたところで料金所があった。お金を出すのは面倒で、クレジットカードで支払う。明細を見てみると11.45ユーロだった。

イムストで高速を降り、171.189と繋ぎファルン峠を越える。下りとなりガルミッシュの標識を追っていくとオーストリア側のエルワルドに着いてしまった。インフォメーションで地図を確認する。ドイツ側はガルミッシュ(D)の表示になっていた。

オーストリアからドイツへはいつ国境を越えたのか判らなかった。可也奥のアイプゼー近くのグライナオに宿をとる。


囲炉裏村トップページへ      ホームページにもどる