金谷〜府中(静岡)

府中札の辻跡
府中「札の辻」跡

【日 時】1999年12月30日(木)
【天 候】
【コース】金谷〜府中(静岡)
【ルート】(7:35)金谷--(9:00)島田--(11:20)藤枝--
(14:20)岡部--(16:00)丸子--(17:00)静岡(府中)
【所要時間】 9時間30分
【メンバー 】単独




大井川河川敷は風が通り抜け車の外に出ると寒かった。車はそのまま河川敷に置き出発する。大井川橋を渡り島田に入る。越すに越されぬ大井川は現在では水量は少ないが川の流れが早かった。朝顔の松や川会所は少し戻ることになるので確認せず。大井神社を確認する。国道一号線・JR東海道に沿った道を進む。

藤枝伝馬町
藤枝伝馬町
南新屋で国道一号線を渡るところが判りにくく、ガソリンスタンドの人に地図を確かめる。藤枝は城下町で繁華街の通りに旗が掲げられていた。それぞれの街毎に異なる旗を掲げていた。

横内縄手の松並木を過ぎ岡部の宿に着く。西行笠かけ松は山の上で登る気力なし。本陣跡を確認し宇津の谷峠越えを目指す。バイパスの国道一号線に道の駅があった、降りずにそのまま進む。かなり坂を登ってしまって道を間違えたことに気付く。戻る気にならずそのまま北側のトンネルを越える。蝦蟇風呂などを右に見ながら道なりに下ると、宇津の谷峠からの道と出会う。バイパスのトンネルを出た所にも道の駅があった。

丸子丁度屋
丸子丁度屋
国道一号線沿いに下り、二軒屋から丸子の宿への道に入る。丸子橋にある丁度屋は開いていなかった。

国道一号線を横切り安部川橋を渡って、府中(静岡)に入る。由比正雪碑を左に見ながら真っ直ぐに進む。繁華街となり札の辻跡を確認する。

通りを道なりに進み、JR静岡駅に着く。電車で金谷に戻り大井川河川敷で車を回収する。藤枝でスーパー銭湯に入る。本日は安部川河川敷で仮眠。



ホームページにもどる