四日市〜津

【日 時】1998年12月26日(土)
【天 候】
【コース】四日市〜津
【ルート】(10:00)四日市--(15:30)津
【所要時間】5時間30分
【メンバー 】単独



冬季の休暇に入り街道歩きを進めたいが少し家用があり四日市の出発が10:00となる。今日も1号線、県道、23号線と車道に沿って歩く。

国道1号線と県道の分岐点である日永に旧街道の記念碑らしいものがあるが、確認せず。今日も風が強く鈴鹿川に掛かる橋では帽子が飛ばされそうになる。2時間ほどで鈴鹿を通過する。さらに1時間ほどで白子に着く。ここで昼食とする。

23号線をしばらく進み、河芸マリーナの標識があるとこらから近鉄を越え23号線と平行に走る海沿いの道をとる。毎年この道を通っているが、この道に入ると昔の道を歩いている感じがする。民家・学校・お寺に面した道となり、平行に走る国道23号線とは交通量は雲泥の差で騒音のない静かな街道歩きが楽しめる。寺の境内で腰を下ろしてゆっくり寛ぐ。三重大までこうした道が続く。もう大晦日の年越しそばの案内をしている寺もあった。

三重大からはまた23号線の車道に出て、本日の目的地、津駅に着く



ホームページにもどる