熱田神宮〜桑名

【日 時】1998年12月13日(日)
【天 候】
【コース】熱田神宮〜桑名
【ルート】(13:00)熱田神宮--(18:00)桑名
【所要時間】 5時間00分
【メンバー 】単独



ここ数年、個人的に年の瀬の年中行事として定着しつつある、熱田神宮から伊勢神宮までの徒歩行脚を開始する。

本日は熱田で電気関係の国家試験があった。12:45に試験が終わりその足で一路桑名を目指す。ここ数年、毎年歩いているので凡その所用時間が類推できる。年により好不調もあるが、熱田〜桑名では5時間前後であろうか。

熱田神宮でお参りを済ませていると1時になってしまった。今日は国道1号線をひたすら歩く。昔の伊勢への道は本来どこを通っているのだろう。道路沿いの吉野屋でけんちん定食を食べ腹を満たす。昨年に比べ体重が少し減ったせいか、足取りも軽い。スタート時間も遅いので自然と早足になる。風も無く穏やかに晴れ上がった小春日和である。

1時間ぼどで蟹江のボーリングで一服する。試験を受けたのでザックはもってこなかった。暑くなり上着を脱ぐが、片手で上着を持たなければならないので、馴れるのに時間を要した。

長島のパチンコ屋で暖かいコーンポタージュを飲み最後の活力を付ける。長良川・揖斐川の橋では、暗闇が訪れ、河口堰には灯が点っていた。橋の向こうは我が町桑名である。今日の行程はここまで。



ホームページにもどる