津〜白子


千王神社
千王神社

【日 時】2017年12月16日(日)
【天 候】晴れ
【コース】津〜白子
【ルート】 (9:20)近鉄江戸橋駅--(13:35)近鉄白子駅
【所要時間】4時間15分
【メンバー 】単独


初瀬街道は終わったが参宮道はこれからで今年は出遅れ気味。前日は快晴だった。この日は曇り勝ちだが風は弱いとの予報。9時前の電車に乗って江戸橋駅で下車。江戸橋の橋脚が2本、志知川に打ち込まれているが、工事の進捗は遅い。三重大を右に見て国道と別れ北上。上野分岐には綺麗に刈り込まれた大きな松がある。白塚豊津道に進む。やや寒いが麗らかな天気。千王神社は門も前に門松が建てられ正月準備万端。

一時間程歩いて道路脇の公園で一服する。白塚の魚屋さんに回りは車が混雑。店に入ると北海道産のサケなどが売られ賑わっている。家に玄関に黄色いピカチューの置物。廃業した風呂屋の周辺は荒れ気味。水道工事で重機の横を通させてもらう。豊津小学校では休日で揃いのユニホームを着て野球の練習。一本松はよく手入れされている。アパートの横に太陽電池パネルが設置されている。河芸に入っても道路工事。ヨットハーバーを右に、甕釜冠地蔵堂を左に見る。小さな橋を渡り踏切を越え国道に出る。向かいに重機レンタルの太陽機械。

R23沿いに進む。磯山レミコンを左に見る。駅を右に見る。ヤマナカスーパーに入る。外で持参してきたパンを食べる。まだ腹が減った感じがしたのでコンビニでオニギリを買って店内で食べる。少しボロボロのコメ。寺家でR23を右折。国道から離れるとホッとする。近鉄を横切る。子安観音寺の南側から入る。子供連れのファミリーが2組。外に出て門構えをカメラに収める。傍にいた自転車の3人の小学生男子がシャッター音を気にする。

鼓が浦近鉄駅を左に見る。白子小学校の脇を抜ける。休日でサッカーの練習。男女の混じった2組にコーチの声が響く。白子駅東側の商店街を散策。一軒あった菓子屋だが値が高く目ぼしいものはない。駅前の銅像をカメラに収める。コンビニのライダー最中を土産とする。1時過ぎで本日はここまで。近鉄白子駅から電車に乗って帰宅。家に帰って図書館で学習。可成り疲れを感じた。




ホームページにもどる