西青山〜名張(初瀬街道)


馬塚
馬塚

【日 時】2017年11月25日(土)
【天 候】晴れ
【コース】西青山〜名張
【ルート】 (9:20)西青山--(11:20)青山--(13:15)美旗--(15:25)名張
【所要時間】6時間05分
【メンバー 】単独


本日は行楽日和の予報。9時前の電車に乗りこむ。西青山駅に着いて用を足す。青山川沿いの国道は予想通り通行量が多い。迫ってくる自動車には立ち停まって対応。集落に入ると一安心。家の玄関先に灯篭行灯がある。行燈に初瀬街道と書かれている。太一常夜灯を左折して国道を横断。初瀬街道伊勢地宿の説明板。通行止めの案内がありここで引き返す車もある。ショートカットして国道に出る。

木津川を渡る。中山トンネルは車は通行禁止。古い道川沿いの道が迂回路。木津川沿いは道路幅が狭い。岡田に出ると田園沿いの道に入りホッとする。大村神社の入口の交差点のコンビニには行かず。鉄道沿いの道を歩いてみる。いつもとは違う風景が見える。トンネル抜けると右側に落石防止用の板壁が建てられている。振り返るとトンネルの上部が崩れている。この状態が見えなければ通行止めの意味は認識できない。木津川沿いの道路は狭く岡田に着くとホッとする。田園地帯の道を進む。老人と散歩していた犬が付いてくる。大村神社に入るコンビニで昼食を調達。近鉄青山町駅を右に見て左折して木津川を渡る。宣長の管笠日記石碑を左に見て街道の雰囲気の漂う町に入る。図書館のテーブルで昼食タイム。欅の前には農業工学関連の沢田敏男博士の記念碑がある。

常夜灯を右に見て東出の集落。前深川を渡って川沿いに下り羽根。川を渡るが橋横の護岸コンクリが崩れている。旧初瀬街道七見峠の標識あり。西出のコメリから右の道に入る。通行止めの道路標識がある。暫く国道を左に見ながらユックリ登って行く。再度通行止めの指示板が道路中央にある。少し進むと倒木で道が塞がれている。道理で車が通っていない訳が分かった。登り切った辺りに伊賀ゴルフ場がある。ゴルフ場からは歓声が聞こえる。西の道は利用可の様子。平坦な道になり、大きな池が二つ現れる。下り道になる。交差する大きな舗装道がある。右に曲がる。下りで歩が進む。田園地帯になる。集落に入る手前に常夜灯と初瀬街道の標識がある。美旗の古墳の盛り上がりが見える。黄土色に舗装された街道は車が少なく古い町並みの様相。美旗小学校を右に見て大きな通りに出る。初瀬街道新田宿の案内がある。ここからは県道沿いに進む。美旗駅を右に見る。反対側に前方後円墳の馬塚古墳。円墳の麓の祠が潰れている。頂点に登ると周辺が一望できる。

子供連れの老人が登ってくる。近鉄美旗駅を通り北の県道に出る。左に住宅地を見ながら県道を進む。すばる学園を左に見ながら暫く西に進む。信号の所で自転車の人が桔梗が丘から来たが名張に行くにはどうしたらいいのか?と聞かれる。全く反対方向であることを伝える。歩道のない道になり対向車に注意。大きな歩道が現れ、桔梗が丘の一角に着く。宅地が多くなる。駅前で一服。田園の中に武道交流館や浄水施設がある。[Itokin]の看板の始めの文字が[H]に見える。名張高校あたりから適当に県道から市街地に入る。道なりの古い町の中を進むと見おぼえのある通りに出た。左折して東に進み左に曲がり名張駅に着く。おみやげに名張まんじゅう購入。適当に来た電車に乗る。




ホームページにもどる