室生口大野〜桜井(初瀬街道)


初瀬
初瀬

【日 時】2017年 2月16日(水)
【天 候】晴れ
【コース】室生口大野〜桜井(初瀬街道)
【ルート】 (8:40)室生口大野--(10:55)榛原--(12:30)長谷寺--
(14:30)桜井
【所要時間】5時間50分
【メンバー 】単独


脊椎間板ヘルニアは収まりつつあるが鼠径ヘルニアが出てしまい、久しぶりの街道歩きに出かける。今日は晴れで風が弱く暖かくなる予報。朝の冷え込みで車の窓霜がビッシリと張っている。7時半過ぎの電車に飛び乗る。通勤通学の時間帯で混んでいる。試験期間中の様子で試験対策に余念がない。学生達は殆ど名張で下車。急行に乗り換え室生口大野に着く。ここも無人駅で改札はインターポンで予備だして下車。駅前ではタクシーや仕事関係の人が朝の準備中。鉄道の下を潜り集落の中を登って街道に乗る。直ぐに曲がり道になるので国道に移る。登り道になる。榛原まで7kの標識。坂を登っていると近く老年男性がスリッパで速足で追い越していく。緑川半焼の斎場が見える東屋で休憩。

峠を越え、篠畑付近から下りになりホッとする。榛原に入りAコープで昼食を購入。国道と離れ街中を進む。屋根に積もった雪が暖かさで落雪。R165の突き当たりから左を見る。駅からと思われる新しい通りが出来ている。国道付近には新しい店舗も立ちスッキリした感じ。鉄道沿いに進み、駅前にあるバス停の椅子に座って休憩。

適当に山手の方に向かう。R165に出て左折。西峠を越えると下り道になる。歩道のない道で車に注意。葬儀場を左に見る。遠くに奈良盆地が見え今回もやって来たという感じになる。角柄・吉隠を通る。この辺りで鼠径部が圧迫し始めた。道路脇の田圃の坂で足を挙げる。時間も12時近くなのでここで昼食タイムとする。

消防署を左に、浄水場を右に見る。「また宇陀市へ」の標識。長谷寺の案内のある所から右に入り国道と別れる。左折して橋を渡ると商店街の道が走る。急坂を登って長谷寺。階段のトイレでひといき。今回も仁王像の改修工事で門には天幕が張られ、工事期間は3月までと書いてある。休憩所では3人の老年女性が寛いでいる。奥のテーブルで持って来たお菓子を食べる。

土産物屋は昼時だがウィークディで手持無沙汰の様子。くさ餅の実演は一軒のみ。下に降りて商店街の道を西進する。街道歩きらしい老年男性が別々に数人行き交う。国道に沿った街道を西に進む。出雲の十二柱神社で休憩。国道に出る。国道から別れて黒崎の集落に入ろうとするが工事中で少し先に行って街道に入る。脇本の集落を抜け朝倉台を左に見ながら初瀬川沿いに進む。老年男性が追い越して行くが足が速い。暑く感じたのでセーター一枚になる。川を渡りR165に出て近鉄線を潜る。

車道から離れ民家の密集する生活道となる。跡見橋を渡り桜井市街地に入る。近鉄線に沿って西に進むと駅前通りに出る。時間はあるが少し疲れを感じたので本日はここまでとする。桜井駅はJRが南側、近鉄は北側にある。時間を確認して駅周辺を散策する。お土産屋は目につかなかった。急行で榊原温泉口。30分近く待って各駅停車に乗り換え、家路に就く。




ホームページにもどる