桑名〜四日市

諏訪神社
諏訪神社

【日 時】2015年12月12日(土)
【天 候】晴れ
【コース】桑名〜四日市
【ルート】(11:15)桑名--(13:25)富田--(15:10)四日市
【所要時間】3時間55分
【メンバー 】単独


本日は参宮道の北側の最終区間、桑名から四日市まで。県立図書館まで移動するがR23バイパスが渋滞。予約していた本の探索に時間が掛る。図書館前の広場ではイベントがある様子で沢山の出店が準備中。時間が遅くなり津駅までの徒歩が長く感じられる。桑名には11時過ぎに到着。津では晴天だったが西側は黒ずんだ雲がある。下り坂の予報で一の鳥居には行かず。東口の改札を抜け北側の階段を降りる。駅前を線路沿いに進む。旧図書館の西は大きな駐車場になっている。矢田の立場を左折。道なりに街道を進む。R258ガード下を潜り真直ぐ進むと員弁川に出る。ここが町屋橋跡で公園になっている。旅館の前には大きな楠?。腹が減ったのでここで小憩。靴底が薄い靴を履いてきたので右足底が響く。

町屋橋を渡り右に曲がり東海道に復帰する。近鉄伊勢朝日駅を左に見る。東芝の門の前の駐輪場の木にイルミネーションの工事が行われている。暫く進むと大きな通りに出て左にサークルKがあった。街道歩きの人が道端で弁当を食べている。おにぎり弁当を買う。近くのお寺の前で昼食タイム。やっと空腹が解消。どんよりとした空模様が気になる。

湾岸高速道の下を通り朝明川を渡る。JR・近鉄の交差を渡り、道なりに進むと力石に突き当たる。19Kの石はこともなげにあがるが120Kの石はびくともしない。接骨医が多い。左に折れ三枝鉄道・近鉄のガード下を抜ける。富田一里塚の石標あり。ザックを担いだ人がカメラを構えている。富田市街地に入り右折。JR駅の反対側の道を入った公園で小休憩。

右折点を行き過ぎ引き返す。小学校校門前は赤レンガ風の石畳になっている。道なりに進みバイパスを横切る。先頭に旗を持った数十名の団体と行き交う。一号線と合流する。少し疲れを感じたので海蔵橋の下に降りて小憩。この辺りから晴天になる。狭い道から四日市に入ると広い道になりその効果で車が渋滞している。四日市橋を渡り市内に入る。サイレンを鳴らしながら消防車が二台通過。諏訪神社に立ち寄る。境内の中は閑散としているが、公園では沢山の子供たちが遊んでいる。モニュメントや木に設置されたイルミネーションは華やかそう。他のお土産を買って電車に乗り込む。

津駅から県立図書館まで移動。イベントは終了した様子で皆、後かたずけ。本屋で立ち読みするが集中力がない。家に帰って風呂に入ってユックリする。




ホームページにもどる