大仰〜松阪(初瀬街道)


伊賀越え追分
伊賀越え追分

【日 時】2014年11月 7日(金)
【天 候】晴れ
【コース】大仰〜松阪(初瀬街道)
【ルート】 (9:45)大仰--(13:40)六軒茶屋--(14:55)松阪
【所要時間】5時間10分
【メンバー 】単独


今年の街道歩きの手始めにいつもの初瀬街道。予報は快晴で降水確率は0%。適当におにぎり弁当作り、布団を干して出掛ける。成福寺前の常夜灯の有料渡船場跡から出発。大仰橋を渡り谷戸坂を越え下る。名松線一志駅。八太に入り橋を渡る。この場所のモニターカメラを確認。「初瀬街道八太宿」や「八太の七曲り」の標識あり。幼稚園児が沢山外出中。県道を横切り高速道路を潜る。真直ぐに進む。近鉄線と出会う辺りの集落が宮古。初瀬街道の標識がある。県道に出て中村橋を渡る。川沿いの堤防から下の道を進む。中川幼稚園を左に見る。左に曲りいつもの道に出たと思い暫く進むと川沿いの名松線が見えるところに出る。また昨年と同じ間違い。小川神社の林を目印になんとか街道に戻る。この辺りに名松線の駅があったと思い分岐から鉄道側に進む。直に軌道に出る。記憶違いでそのまま鉄道沿いに進み街道に戻る。続け様に二度も間違えた。嬉野地域復興局の中で昼食タイム。

須賀の交差点を通る。竜王神社にはスダジイが実を着けている。横の広場で小憩。真直ぐ東進し近鉄中原駅を右にみる。JR六軒駅を左にみる。やや腹が減った感じがするので飴を舐める。参宮道の小津に出て右折。三渡川の伊賀越え追分に到着。

六軒から市場庄に入ると旧道の風情が漂う。路脇には歩行者の黄色いレーンもある。集落の入口に格子戸の町並みの案内板がある。近鉄のガード下を抜け、船江のJRを渡る。松阪市街に入り坂内川を渡る。商人の館には女性が運転する観光バス。和田金・老伴と通る。左折して松阪駅に着く。案内所で第一小学校の場所を確認。

今日は時間が合えば名松線に乗るつもりでいた。3時11分の列車があった。車窓からはいつもとは異なる風景が展開していた。井関駅で降り峠越えの徒歩となった。




ホームページにもどる