四日市〜弥富


【日 時】2013年12月 6日(金)
【天 候】
【コース】四日市〜弥富
【ルート】 (10:00)四日市--(11:20)富田--(13:15)桑名--(15:35)弥富
【所要時間】5時間35分
【メンバー 】単独


8時40分台の電車。早速デジカメを忘れたことに気付く。江戸橋で家内と分れる。10時頃に四日市に着く。アーケード街を抜け諏訪神社を左に見てR1に出る。三滝橋を渡ると、右手に教会が見える。海蔵川を渡る。遠くの工場の煙突の煙は真直上に。少し早めに左に曲がって国道に戻る。近鉄沿いに暫く国道沿いに進む。車検検査場を左に見て、次ぎの信号から旧道に入る。力石や茂福神社を通り、富田に入る。小学校には東海道の案内図もある。街道の左に東屋のある公園で軽食タイム。

富田一里塚跡を左に見て近鉄、三岐鉄道を潜り、再度三岐鉄道とクロスしてJRを横断する。朝明川を渡り、湾岸道の下を抜ける。東芝工場ではマラソン大会が行われていた。伊勢朝日駅を右に見て近鉄を横切る。員弁川に掛かる町屋橋を渡る。周辺の南側も公園風に少し整備されていた。常夜灯から桑名の市街に入る。矢田立場からは旧道を追わず。桑名駅西側のパン屋さんはシャッターが降ろされていた。R1に出たところのチェーン店で昼食タイム。

伊勢大橋を渡る。長良川河口堰の中州側は公園風。草も紅葉中。長島を抜け木曽川に掛かる尾張大橋を渡る。雲が掛り少し暗くなってきた。雲間から光芒が射している。水面には数匹渡り鳥が潜水を繰り返している。雨が落ちそうになってきた。本日の歩行は弥富駅まで。最寄の駅に帰ると路面が濡れていた。




ホームページにもどる