大仰〜西青山(初瀬街道)


逆さ地蔵
逆さ地蔵

【日 時】2013年10月17日(木)
【天 候】晴れ
【コース】大仰〜西青山(初瀬街道)
【ルート】 (9:35)大仰--(11:55)成願寺--(12:30)垣内宿--(15:15)西青山
【所要時間】5時間30分
【メンバー 】単独


今年は10月に入っても暑い日が続いていた。しかし前日台風26号が通過し一気に寒くなった。台風一過の青空が広がった。早速今年の初瀬街道歩き始めとあいなった。家から東青山のあお越えが始まる。家の柿は本年は沢山実った。川沿いの道を右に曲がって田園の中を進む。逆さ地蔵の淵で写真を撮る。前日の大雨で川は濁っている。雲出川の川底は岩盤になっている所が多い。昨日までの雨で水嵩が増している。亀ヶ広の桜並木はスッカリ葉を落している。二本木に近づくと青山高原の風車群が見える。雨の後で山の端がクッキリ。スーパーで昼食の買出し。

観音寺を右に見る。R165は道幅が狭く交通量が多い。白山資料館に入は入らず。玄関の前で休んでいると館の人が入らないのかと言われる。歩いているので休めませて下さいと答える。国道に出る。信号を渡り成願寺へ。成願寺の手前で近くのお婆さんがスティックをついて境内に入っていった。成願寺の門の前で小憩。

上ノ村から国道沿いの道を進む。左の小川はやや増水している。垣内の交差点のコンビニに入る。出てくると街道歩きらしい白髪の男性がコンビニの端で休んでいる。国道から分かれると、車の音が収まる。垣内川沿いに進む。垣内宿の標識あり。集落の起点に大きな木がある。廻りの舗装が新しい。民家の前には紺色の暖簾が掛っている。集落を抜けると橋がある。対岸にゲートがある。この道は初瀬街道八重坂、青山峠に通じるとの案内がある。入口付近にはキャタピラーの跡がある。植林帯の中の道は前日の大雨で抉れた個所が多い。濡れた荒れた道を進み陽射しのあるところで昼食タイム。

鹿が声をあげて逃げていく。数匹はいるようだ。左方から車の走行音が聞こえてくる。国道に出ると交通量が多い。白山トンネルは圧迫感を感じる。路肩が狭く対向車の風で帽子が飛ばされそう。道路に土石流が道路を横切ったようでガードが曲がっている。青山トンネル手前から山道に入る。この辺りはゴミが多い。スカイラインの青山峠の下の空地で小憩。

ここからは下りになる。国道の端を進むが、車が多い。登りの道路にはグリップの為か舗装面にゴムが埋め込まれている。東海自然道付近では谷側の車道の半分が崩れ河床にユンボーが降りて復旧作業中。ガードレールの道になり一安心。乗馬は本日はウィークデイにも拘わらず満員の盛況。十数人が騎乗していた。駐車場も満車状態。西青山駅までが長く感じられる。電車は丁度発車したところ。30分以上待って乗車するが、急行で繋ぎが不便。石橋には16時頃到着。




ホームページにもどる