西青山〜名張(初瀬街道)


羽根の常夜灯
羽根の常夜灯

【日 時】2010年10月11日(木)
【天 候】晴れ
【コース】西青山〜名張
【ルート】 (12:15)西青山--(16:20)名張
【所要時間】4時間05分
【メンバー 】単独


講座を終えて電車に乗りこむ。西青山駅には12:15頃着いた。青山川沿いにR165を進むが歩道が無く大型車が通ると圧迫感を感じる。橋の手前から伊勢路に入る。家の玄関先に灯篭行灯がある。太一常夜灯を左折して国道を横断。初瀬街道伊勢地宿の説明板。ショートカットして国道に出る。中山橋を渡りトンネルを抜ける。ここから岡田までは道路幅が狭い。岡田では道路工事。

田園沿いの道に入る。木にはカキが鈴なり。別所を通り大村神社を左に見て青山町に着く。本居大人菅笠日記抄と書かれた石碑がある。たわらやは博物館になる。街路の溝には清水が流れ金魚が泳いでいた。図書館で用を足しテーブルで持って来たパンを食べる。

東出の集落から前深川を渡って川沿いに下り羽根のR165に出る。西出から右の道に入る。暫く国道を左に見ながらユックリ登って行く。右に曲がり国道の車音が消える。登り切った辺りに伊賀ゴルフ場がある。ゴルフ場は閑散としている。平坦な道になり、大きな池が二つ現れる。下り道になる。傍らで小休憩。

下小波田で国道に出る。名張まで3Kの表示がある。国道沿いに進む。2〜3の大きなアップダウン。いつも適当に右に曲がっていたがそのまま国道沿いに進む。名張川まで出てしまう。川沿いに進み右に曲がる。駅前に出たが、以前とは異なる風景に見える。電車に乗って帰途に付く。




ホームページにもどる