名張〜榛原(初瀬街道)


一の鳥居
一の鳥居

【日 時】2011年10月13日(木)
【天 候】曇り一時雨
【コース】名張〜榛原
【ルート】 (10:20)名張--(12:45)三本木--(15:30)榛原
【所要時間】5時間10分
【メンバー 】単独


講座を終えて、本を読んでいたら時間になった。慌てて家を出る。9:39の電車になんとか間に合う。名張には10:00過ぎに着いた。駅から適当に西に向かう。松崎町の標識。中学校の校門を左に見て適当に左に曲がる。高台には学校や史跡がある。幼稚園から大きな音楽が聞こえる。右に下って左折。溝沿いに進んだところで一の鳥居に出る。鳥居周辺には松や初瀬街道と書かれた街灯がある。近くのスーパーで食料を購入。鳥居を潜りアーケード前で右折する。店の前には写真などが貼られた立札が散見する。道なりに右折、乱歩生誕の地の行灯がある。

左折した所に初瀬街道の標識がある。名張川に掛かる新町橋を渡って直ぐに宇陀川を渡る。雨がポツポツ落ち始めた。田園の中から結馬を抜け国道に沿う。坂の下橋から少し行って小屋出の集落に入る。国道から離れると潜水橋がある。老人が沢山集まって歌っている。菅笠日記の石標があるところで昼食とする。

近鉄線に接近して右に曲がり国道をショートカットしてR165に戻る。歩道の無い車道は神経を遣う。弁当屋には大きなマツタケが水に浮かんでいた。近鉄線を潜り宇陀川沿いに国道を進むと三本松になる。道の駅の情報センターで小休憩。

国道沿いに進み当に山側の道に入る。常夜灯を左折。近鉄線を潜り、峠越えとなる。峠を越えて大野に入るがそのまま鉄道の北側の道を進む。緑川からR165に沿う。東屋で休憩。篠畑付近から下りになる。本日は小雨が降ったり止んだりである。榛原に入り国道と一時離れる。R165の突き当たり辺りから判りにくい。鉄道沿いに進みと列車が到着。榛原駅で急いで切符を買って飛び乗る。




ホームページにもどる