滝原〜阿曾(熊野古道)


大内山川
大内山川

【日 時】2010年 2月13日(土)
【天 候】晴れ
【コース】滝原〜阿曾
【ルート】 (10:45)JR滝原駅--(12:15)JR阿曾駅
【所要時間】1時間30分
【メンバー 】単独


前週古道を歩いたがその後体調が勝れない。天気も良いので体調の様子を見ながらというころで家を出る。JR滝原駅には11時前に着いた。中途半端な時間だが駅前に車を停めて出発する。

滝原大橋を渡ってR42に出て左折。横断歩道橋を越えて国道沿いに道成りに進み。近畿自然歩道の標識に従い国道と離れる。大滝峡の案内を右に見て集落沿い緩く登っていく。ピークで右に曲がる。大宮小学校・中学校があり中学生がテニスをしている。キャンプ施設を右に見て左に大きくカーブする。右下に川が流れ、先の国道が見える。カード下を潜り、国道に出る。右にカーブすると、阿曾の町並みが現れる。国道の脇道を進むと街の端になる。八柱神社から奥河内川を渡り、大内山川に掛かる橋を渡るる。阿曾観音堂には古道巡り風の自転車の人が休んでいる。真っ直ぐ進みJR阿曾駅に達する。時間は12時を過ぎており、次の電車の時刻は13時38分になっていた。

体調も優れないないので、本日はここまでとし、JR滝原駅まで戻ることにする。キャンプ施設で休憩。国道に出るところで一人、駅前で一人古道巡りらしい人と行き交う。車のところに戻る。帰路の栃原でも古道巡りらしい人を見た。


囲炉裏村トップページへ      ホームページにどる