三本松〜八木(初瀬街道)


【日 時】2008年12月28日(日)
【天 候】晴れ
【コース】三本松〜八木(初瀬街道)
【ルート】 (10:40)三本松--(12:30)榛原--(15:25)長谷--(17:30)八木
【所要時間】6時間50分
【メンバー 】単独


講座を終えて電車に乗込む。デジカメを忘れたことに気付く。

三本松には10:40頃着いた。駅上の道路を進む。近鉄線を潜り、峠越えとなる。峠を越えて大野に入るがそのまま鉄道の北側の道を進む。緑川からR165に沿う。案内書では篠畑付近から鉄道の南側のルートになっているが判らず。そのまま国道を進む。

榛原に入り、市街地のルートになる。R165に突き当たり右折。役所のある街路を登る。自販機でジュースを購入。R165に出て左折。西峠を越えると奈良盆地の西側の山が望まれるようになる。下り道となり角柄・吉隠を通り、浄水場を右に見る。長谷寺の案内のある所から右に入る。橋を渡ると商店街の道が走る。右に曲がり左の坂道を登ったところが長谷寺だった。

連歌橋を散策して初瀬の商店街の道を西進する。国道を通り出雲・黒崎・脇本の集落を抜け朝倉台を左に見ながら初瀬川沿いに進む。川を渡りR165に出て近鉄線を潜り宇陀ヶ辻で右折する。車道から離れ生活道となる。跡見橋を渡り桜井市街地に入る。アーケード街は閉じた店が多く、往来する若者のバイクの音が空しい。駅前のスーパーで食事を摂る。

西に進みJR線を越えたところに香具山駅がある。R169を横切り阿弥陀寺・太神宮常夜灯・三輪神社を通り耳成駅を右に見る。耳成山を右に見る。夕日は葛城山〜金剛山の稜線に沈み夕焼けとなる。街道を西進していくと大きな通りに出る右折すると八木駅前に出た。




ホームページにもどる