西青山〜名張(初瀬街道)


西青山〜名張
西青山〜名張

【日 時】2007年12月17日(月)
【天 候】晴れ
【コース】西青山〜名張
【ルート】 (12:35)西青山--(17:25)名張
【所要時間】4時間55分
【メンバー 】単独


年内に踏破したいと考えていた初瀬街道のウォーキングが暫く滞っていた。

11時50分の電車は榊原温泉駅で後続の普通電車を待つことになり、西青山駅には12:30過ぎになってしまった。阿保峠には向かわず西に進む。青山川沿いにR165を進むが歩道が無く大型車が通ると圧迫感を感じる。橋の手前から伊勢路に入る。家の玄関先に灯篭行灯がある。太一常夜灯を左折して国道を横断。初瀬街道伊勢地宿の説明板がある。ショートカットして国道に出て中山橋を渡りトンネルを抜ける。岡田、別所を通り大村神社を左に見て青山町に着く。駅前には本居大人菅笠日記抄と書かれた石碑がある。たわらやは博物館になっていたが休館だった。街路の溝には清水が流れ金魚が泳いでいた。えびすの工場も丘の上に見えた。街の端に常夜灯がある。

東出の集落から前深川を渡って川沿いに下り羽根のR165に出る。ここから二手に分かれる所だが、七見峠のルートは判らない。西出から右の道に入る。暫く国道を左に見ながらユックリ登って行く。右に曲がり国道の車音が消える。登り切った辺りに伊賀ゴルフ場があった。平坦な道になり、大きな池が二つ現れる。下り道になり下小波田で国道に出る。名張まで3Kの表示がある。福田神社前の美旗古墳群ハイキングマップを見ると初瀬街道は美旗駅の近くに書かれていた。
玄関先の灯篭行灯 街路の溝
玄関先の灯篭行灯
街路の溝
駅に向かうが距離が長く感じられた。駅には行かず市民センターに立寄る。日没も近くなったので名張に向かうが国道の分岐には名張まで6Kの表示があった。桔梗が丘近辺は住宅地で駅前はハイカラな建物が建っていた。日没となり夕暮れのラッシュアワーとなった。名張駅に着いた時はネオンが点っていた。




ホームページにもどる