大仰〜六軒茶屋(初瀬街道)


大仰〜六軒茶屋
大仰〜六軒茶屋

【日 時】2007年11月13日(火)
【天 候】晴れ
【コース】大仰〜六軒茶屋
【ルート】 (12:55)大仰--(14:30)六軒茶屋
【所要時間】1時間45分
【メンバー 】単独


実家の前を走っている、初瀬街道を歩いてみる。

大仰有料橋跡をカメラに収め大仰橋を渡る。向川原の小学校の前を通って谷戸坂を登っていく。街道は工事中で車道を進む。とことめの里を左に見て三叉路から右に入り県道と分かれる。鉄道を越えるところが判らず名松線一志駅まで行く。踏切を越え波瀬川に進む。また鉄道を渡り八太橋を渡る。橋には歴史街道のマークが貼られている。八太の七曲を過ぎ高速道路を潜る。そのまま道なりに進むと近鉄線が近づく。右に曲がり宮古集落の中に入ると忘井があった。集落を抜けるが地図にある橋はない。少し戻って県道に出て中村川を渡り中川に入る。

右に曲がり中川小学校を右に見て小川神社に着く。分岐を右に進んでしまい、鉄道を渡りそうになる。左に振り街道に戻る。名松線と離れる辺りは急な下りになっている。県道と出会う信号附近は工事中になっていた。竜王神社周辺にはトイレもあり小憩する。道は二手に分かれるが真っ直ぐ東進する。近鉄伊勢中原駅を右に見て鉄道を渡る。津家城の常夜灯から右折して集落に入り適当に南下する。三渡川を渡りJR紀勢線を渡ると見覚えのある六軒の参宮道に出る。

同じ道を辿り帰途に就く。風が逆風になってしまった。




ホームページにもどる