白子〜富田


諏訪神社
諏訪神社

【日 時】2005年11月 9日(水)
【天 候】
【コース】白子〜富田
【ルート】 (11:45)白子--(13:30)神戸--
(15:55)四日市--(17:10)富田
【所要時間】5時間25分
【メンバー 】単独


近鉄白子駅で降りて軽い食事を摂って出発する。暫くR23沿いに進む。南玉垣辺りから参宮道に入るつもりでいたが少し早く入ってしまった。適当に国道沿いに進むと江島からの参宮道と合し加岐神社に突き当たる。玉垣町を抜けると田園地帯になり、R23を横断する。肥田から旧R23を横切ると常夜灯があり神戸に入る。道を間違えたので鈴鹿市駅に出て小休憩。

鉄道を渡り神戸を抜けると田園風景となる。昨年までとは逆方向のルートを通っているので、鈴鹿川が近くに感じられる。高岡の集落から鈴鹿川を渡り、堤防の土手で昼食を摂る。JR関西線を横切り河原田に入る。三重農芸高校の案内がある。参宮道を辿るが内部川に掛かる橋はなく、旧R23沿いを進む。海星高校の案内があり東海道との分岐の日永追分に着く。近年ここに水を汲む人が多くなった。以前には湧水はなかった記憶がある。
神戸 日永追分
神戸
日永追分
東海道に入り、日永神社などを見ながら近鉄内部線沿いに進み四日市に入る。諏訪神社では七五三の子供の写真を撮っていた。三滝橋・海蔵橋を渡る。R23に沿った東側の道となる。富田に入ったところで日没となり、本日はここまでとする




ホームページにもどる