亀山〜関〜津


亀山〜関〜津
亀山〜関〜津

【日 時】2005年 1月 30日(日)
【天 候】
【コース】亀山〜関〜津
【ルート】 (12:25)亀山--(13:25)関--
(14:55)椋本--(17:40)津
【所要時間】5時間15分
【メンバー 】単独


引越しの中休みということで、近場の街道歩きに出掛ける。ここ10年ほで年末に参宮道の街道歩きをしてりるが、以前から気になっていた、伊勢別街道に出かける。

伊勢別街道は東海道関宿から参宮道に向かうルートだが、JR関西線は亀山まで、ここからは第三セクターになる。

線路沿いに進み、旧R1に出る。強い向かい風で旧東海道のルートは取らず。左に消防署を見ながら車道を進む。大型車がスピードを揚げて通過していく。関宿の案内が見えた時は、ホッする。直に伊勢別海道との追分となる。左折し、鳥居を潜る。

R1を横切り勧進橋を渡る。名阪道を潜り、県道沿いに進む。道なりに進むと楠原に入る。集落の中を通り抜け、左に曲がり橋を渡る。坂道の途中で左折する。坂を越えると集落になり、右折ポイントが判らずそのまま東に向かう。おかしいことに気づき、引き返す。

林町の集落を抜け、県道を渡り、中縄の集落に入る。堤防に突き当たり、左に曲がり堤防周辺を進む。堤防に登ってみると、風が強く横山池の水面に風波が立っていた。池の端から右に曲がると椋本の集落になる。突き当たりには「いせさんぐうどう」の石標が建っていた。
横山池 椋本の石標
横山池
椋本の石標
県道に戻り、伊勢道の芸濃ICを右に見る。高野尾の集落を通過するとまた県道に出る。パチンコ店で少憩。地図にはない新しい道が出来ており、窪田には行けず。左に走る関西線を見ながら夕暮迫る街道を進み、津駅西に到着。




ホームページにもどる