加納(岐阜)〜各務原


加納(岐阜)〜各務原
加納(岐阜)〜各務原

【日 時】2004年12月24日(金)
【天 候】晴れ
【コース】加納(岐阜)〜各務原
【ルート】 (13:20)岐阜--(15:25)那加--(17:05)各務原
【所要時間】3時間35分
【メンバー 】単独


先日大阪の古本屋で中山道独案内を仕入れた。東海道もあと一区間程度となったので、次のウォーキングの目標を中山道にする。年末は引越しの予定だったが、初日から頓挫してしまった。

朝、ユックリ出発し、岐阜駅には昼過ぎに到着する。駅前の通りを南下すると中山道加納宿の標識がある。静かな通りで、脇本陣跡・加納天満宮・本陣跡・東番所跡などを通過する。クランクを切、石の道標を見て右折。橋を渡り、名鉄の踏切を渡り、JRのガード下を潜る。

真直ぐな一本道となり、細畑の一里塚を通過する。切通を通過し蔵前の手刀男神社に向かうところで左木曽路と書かれた石柱がある。田園の中の徒歩となり、左に名鉄化各務原線が並行する。R21に出るのを嫌い、那珂の街中を進む。那珂橋を渡ると左に旧岐阜大の各務原市民公園が広がる。「2071 Time Capsule」のプレートもある。
細畑の一里塚 各務原市民公園
細畑の一里塚
各務原市民公園
R21に出て高架橋で名鉄を越え、川崎重工を左に見る。日没が迫り、JR高山線各務原までとする。帰りの電車からは各務原市民公園のクリスマスのイルミネーションが点滅していた。




ホームページにもどる