鈴鹿〜高茶屋


子安観音
子安観音

【日 時】2004年11月19日(金)
【天 候】曇り
【コース】鈴鹿〜高茶屋
【ルート】 (10:10)鈴鹿--(12:30)白子--
(15:35)津--(17:45)高茶屋
【所要時間】7時間35分
【メンバー 】単独


金曜に有休を取得した。前日までは午前中は雲りで午後には晴れるとのことだったが、回復は遅れるとの予報に変わった。ユックリ起床し、先週に引き続き街道歩きに出掛けることにする。近鉄伊勢若松駅で鈴鹿線に乗り換え、鈴鹿駅で下車。

市役所を左に見て市街地を県道沿いに南下。堀のような川を渡り、県道を横切ると左に矢崎神社を見る。伊勢鉄道を潜るところに信号があり、道が途切れた感じで判り難い。道なりに進み、金沢川を渡り、R23に出る。肥田からは旧道に入らずR23を進む。西玉造から旧道に入る。右に折れ道なりに南下するとフジクラの工場が左に見える。北江島・中江島を通り、近鉄名古屋線を渡る。江島本町・白子本町と白子の中心街に入る。道なりに進むと、寺家町になる。近鉄霞ヶ浦を左に見て運河を渡ると、左に朱色の子安観音が見えてくる。不断桜をカメラに収める。

鉄道を渡りR23に出る。暫く国道沿いに進み、上野・上小川で旧道に入る。栗真町で国道に出て、三重大を左に見る。旧江戸橋を渡り、常夜燈のある伊勢別街道の分かれに着く。道なりに南下し、津駅にて、一休みする。
江戸橋 伊勢別街道の分かれ
江戸橋
伊勢別街道の分かれ
県庁を右に見て、塔世橋を渡る。郵便局や銀行の立ち並ぶ中心街に入る。アーケード街には谷川士清や松尾芭蕉の銅像がある。岩田橋を渡り、岩田のバス停から斜めに南東に走る道を辿る。屈折ポイントに市杵島姫神社がある。南進しR23、JR紀勢本線を渡り垂水に入る。この辺りで日没となり、暗闇となる。高茶屋までで切上げる。
松尾芭蕉の銅像 市杵島姫神社
松尾芭蕉の銅像
市杵島姫神社
JR紀勢線に乗り込む。津で乗り換えるのが接続が良かったが、亀山まで切符を買ってしまう。関西線の乗り換えに40分近く掛かった。




ホームページにもどる