桑名〜白子


町屋大橋跡
町屋大橋跡
【日 時】2003年11月29日(土)
【天 候】
【コース】桑名〜白子
【ルート】 (8:00)桑名--(10:10)富田--(11:40)四日市--
(13:00)日永追分--(15:00)神戸--(17:40)白子
【所要時間】9時間40分
【メンバー 】単独


本日は100%の降雨予想で、雨具と傘を差して出掛ける。鉄道沿いに進み、員弁川に突き当たり、町屋橋を渡る。東芝前の伊勢朝日駅の自転車置場には東海道の案内がある。狭い道だが交通量は多い。富田のJR駅で小憩する。

車検場を通過し、R1沿いに進む。休憩するつもりでいたパチンコ屋は倒産していた。海蔵川を渡り、四日市に入る。諏訪神社を右に見てアーケード街のベンチに腰を降ろす。
伊勢朝日駅の自転車置場 日永追分
伊勢朝日駅の自転車置場
日永追分
R1と並行に走る東海道を進む。東海道開道400年の記念から標識が充実してきた。内部線沿いに進み、R1に出て日永追分に着く。水汲みの人が2人いる。参宮道に入り車道を進む。鈴鹿川を渡り、高岡から旧道に入る。田園の中を進み、神戸の見付に着く。近鉄線を越え、平田駅を左に見る。少し雨宿りがてら公共の施設に入って見ると、何か子供の発表会が行われていた。

再度車道に出る。西玉垣から旧道に入るが、鈴鹿医科大学があり、道を間違えたことに気付く。コンビニに入り、地図を確認する。近鉄千代崎駅に出て、海沿いに進む。暗闇となり、白子付近で若干迷うがなんとか駅に達する。




ホームページにもどる