漕代〜伊勢

桜の渡し
桜の渡し

【日 時】2001年12月23日(日)
【天 候】晴れ
【コース】漕代〜伊勢
【ルート】(7:20)漕代--(8:50)桜の渡し--(10:40)外宮--
(12:00)やすらぎ公園--(13:00)内宮--(14:30)五十鈴川駅
【所要時間】7時間10分
【メンバー 】単独


本日も近鉄の始発の急行で松阪まで行き普通電車に乗り換えて漕代駅で降りる。丁度夜明けとなる。朝の冷え込みは厳しいが、風もなく良い日和になりそうであった。畑には数段に組まれた櫓に大根が干されている。白い息を吐きながらジョギング姿の女性が追い越していく。道端に外宮まで3里の石標がある。輪転寺で休憩する。

斎宮の竹神社を通過する。丁度、明野のへんば餅の開店時となり、一皿餅を頂く。時々、小中学生と目が合うと、挨拶が返ってくる。小俣の官舎神社に立ち寄る。
外宮まで3里の石標 へんば餅
外宮まで3里の石標
へんば餅
宮川の堤防を登ると石の記念碑が見えたので河川敷に降りる。「桜の渡し」の記念碑があり川岸には船着場らしいものが構築されていた。宮川の本流には繋がっていない。参宮時代には必ずこの渡しを通過しなければならなかったとの説明がある。河原には犬を連れた人が散策している。JRの橋の下にはCDのゴミが散乱していた。

橋を渡り伊勢に入る。県道を横断し、筋向橋(すじかいばし)をカメラに収める。傍らの店屋は忙しそうだった。駐車場から外宮に入る。若干人出が多く感じられる。

お参りを済ませ、郵便局を左折し父母の墓のあるやすらぎ公園に向かう。途中のスーパーで昼食を摂る。丘の上にある公園事務所でシキミの木を買う。墓の掃除を済ませる。マイクロバスに乗るつもりだったが時間に間に合わず。
外宮 内宮
外宮
内宮
車道沿いに内宮に向かう。猿田彦神社を左に見て信号を右折する。内宮の入り口まで車が繋がっている。人出が多いと思っていたら、本日は「天皇誕生日」であることに気付く。橋の前には韓国人のグループが記念写真を撮っていた。子供連れが多い。御参りを済ませ、休憩所で一服する。

おかげ横丁に立ち寄る。一段と人通りが増す。この日は昨日の疲れがのこり、異なる靴を履いたので足に違和感があったので朝熊山には行かず。

両脇に石塔の立つ御幸道路に従い、近鉄五十鈴川駅に到着する。今回もなんとか熱田から伊勢まで歩くことができた。




ホームページにもどる