白子〜漕代

月本追分
月本追分

【日 時】2001年12月22日(土)
【天 候】晴れ
【コース】白子〜漕代
【ルート】(6:20)白子--(9:30)津--(11:30)高茶屋--
(14:50)松阪--(16:55)漕代
【所要時間】10時間25分
【メンバー 】単独


始電の急行に乗り、白子駅に6時20分に到着。夜明けには早く辺りは暗い。駅裏から旧道沿いに歩く。前日の雨は上がったが、寒気が入り冷え込み、下着を着込んできたが寒さを感じる。子安観音寺付近は暗くて判り難い。国道23に出る。

磯山辺りで日の出を迎え、上野、栗真小川町は参宮道を通過する。時々、国道23に出るが、車の走る道を歩くのは精神的な負担を感じる。津に入り朝食を摂る。

志登茂川に掛かる江戸橋を渡り、伊勢別街道と伊勢参宮道を別ける道標と常夜灯に到着する。安濃川を越え岩田川を越えて参宮道に入る予定であったが入り口が判らずそのまま国道沿いを進み、藤枝から参宮道に入る。津の街は意外と大きく通過に時間が掛った。
江戸橋 雲出橋常夜灯
江戸橋
雲出橋常夜灯
垂水・藤方を通り、JR高茶屋駅付近のコインランドリーで休憩する。軽食を食べていると「もう昼かね」と聞かれる。

雲出島貫に差し掛かる。以前、島貫と小野江の間の川に掛かっていた古い雲出橋はスッカリ姿が消えていた。上流に掛かる大きな新しい雲出橋を渡る。常夜灯は移築され案内板・トイレなども設置され、車の休憩所になっていた。

参宮道に戻る。いが道と交差する月本追分に着く。香良洲道などとも交差する。肥留・中林・中道・小津・六軒を通過する。市場庄は玄関先に「屋号何某」と書かれた標札があり、参宮の時にはショッピング街であったとの説明があった。
市場庄「屋号何某」 三井商人の館
市場庄「屋号何某」
三井商人の館
久米では電線にビッシリ鳥が留まり騒がしく鳴いていた。船江などを通過する頃、北から雪雲が流れ、通り雨となる。大橋を渡り松阪に入る。三井商人の館が本居宣長像などを見物し、食堂に入る。

本日はここまでの予定でだった、足の調子が良いので日没まで先に進むことにする。松阪を抜け垣鼻・神戸神社・四つ又・JR徳和駅を通過する。櫛田川を渡り、日没近くとなり、近鉄漕代(こいしろ)駅で本日の歩行を終了する。




ホームページにもどる