買掛帳の作成方法と記入例

買掛帳の作成方法と記入例

MENU

買掛帳の作成方法と記入例

買掛帳とは、仕入先ごとに、買掛に関する日々の取引や残高を記入、管理する帳簿です。
支払先ごとに(一定の場合は、複数の支払先ごとに)買掛帳を作成し、日付順に買掛の発生金額や支払金額を記載し、一定時点での買掛金残高を把握するために使用します。

 

買掛帳の作成方法

毎日仕入取引を伝票入力(帳簿記帳)していたとしても、支払先ごとの取引状況や買掛残高をすぐに把握することは困難です。そこで支払先ごとの取引状況や売掛金残高を買掛帳と呼ばれる補助簿で管理します。
掛け仕入が生じた場合にその金額を発生欄に記載し、買い掛けを現金、預金、小切手又は手形で支払うと支払欄に記載します。

 

買掛帳の記載項目としては、次の項目が考えられます。

  • 日付-取引が発生した日
  • 伝票番号-転記元の伝票等の番号
  • 相手勘定科目-仕入、現金、普通預金、支払手形等の勘定科目
  • 摘要-買掛発生の具体的な内容又は買い掛け支払いの方法
  • 仕入金額-発生した買掛金額
  • 支払金額-現金、銀行振込、支払手形等による支払金額
  • 差引残高-取引先ごとの買掛金残高

買掛帳記載のポイントは、下記に記載します。

  • 取引先ごとに別々のページを設け、記入、管理します。
  • 仕入先数が多い場合、その他一括管理した方が便利な場合は、複数の仕入先を一括管理する買掛帳を作成します。
  • 買掛帳は専用帳簿を購入しなくても、EXCELファイル、大学ノート等を使用することもできます。
  • 買掛帳への記入は、掛け仕入が発生するたびに記載されます。ただし、仕入先ごとの仕入高も管理したい場合は、現金仕入、預金仕入、手形仕入等も記載します。
  • 請求書の発行元ごと(支払先ごと)に作成しておくと便利です。

 

個人事業者の買掛帳(株式会社ヒラリー)の記入例

株式会社ヒラリー                             (単位:円)

日付 伝票番号 相手

勘定科目

摘要 仕入金額 支払金額 差引残高
平成21年
 :
前月繰越 40,000
2/15 210215 仕入 A商品100個 51000 91,000
2/20 210220 仕入 A商品10個戻り -5,100 85,900
2/25 210225 現金 現金回収 40,000 45,900
 :
2/28 2月合計 101,000
次月繰越 101,000

平野公認会計士事務所 /大阪府大阪市住之江区粉浜1-27-3 リーアートビル201

平野公認会計士・税理士事務所 /大阪府大阪市西成区玉出中2-13-32-501

(TEL)06-6569-9555 (FAX)06-6569-9445

公認会計士登録番号 第20835号  税理士登録番号 第114767号

重点対応地域:大阪市 阿倍野、住吉、住之江、西成、難波