帳簿記帳の方法と記入例(仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳)

帳簿記帳

MENU

帳簿記帳の方法と記入例(仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳)

帳簿記帳は、事業に伴う金銭のやり取りを帳簿に記録しておくことを言います。
これを日々行うことにより、所得税、法人税等の確定申告に添付される貸借対照表と損益計算書を作成することができます。この貸借対照表と損益計算書の作成にあたっての帳簿の種類、記帳方法については、所得税法施行規則、法人税法施行規則、消費税法等により規定されているので、これに準拠する必要があります。
基本的には、確定申告書に添付される貸借対照表と損益計算書を作成することができるように、複式簿記に基づき帳簿作成します(ただし、個人事業者等の所得税申告については、簡易帳簿で記帳を行い、これに基づき作成される損益計算書を申告書の添付資料とすることが可能となっています。)。
また、帳簿記帳により過去の記録を集積し、加工することができ、経営管理資料としても使うことができます。

 

帳簿作成

帳簿記帳は、基本的には複式簿記の記帳方法により行われると言いました。
ここで、複式簿記の記帳方法とは、『すべての取引を、資産、負債、資本、費用又は収益のいずれかに属する勘定科目を用いて借方(左側)と貸方(右側)に同じ金額を記入する仕訳と呼ばれる手法により、組織的に記録・計算・整理する方法』のことをいいます。よって、売上、仕入、経費等の損益状況(利益状況)だけでなく、現金・預金、売掛金等の資産(財産)がいくらあるか、買掛金、未払金、銀行借入等の負債(債務)がいくらあるかなどの財政状態も、把握できるようになります。

 

複式簿記では、基本的に全ての取引を『仕訳帳』と呼ばれる帳簿により記録され、『総勘定元帳』と呼ばれる帳簿により勘定科目ごとに管理されています。

 

仕訳帳の記入例

日付 伝票№ 勘定科目(借) 勘定科目(貸) 摘要 金額(円)
11/1 11001 現金

売掛金

 

売上

A社にB製品納品

(@500×1,000)

(借)300,000

(借)200,000
/(貸)500,000

11/2 11002 当座預金

現金

U銀行当座預金に

売上金入金

(借)200,000

/(貸)200,000

11/3 11003 地代家賃

当座預金

C社に家賃支払い (借)180,000

/(貸)180,000

仕訳帳の記載項目及び帳簿保存について

 


総勘定元帳の記入例

現金a/c
11/1 前月繰越     175,000

11/1 売上       300,000

11/2 当座預金    200,000

 

当座預金a/c
11/1 前月繰越     500,000

11/1 現金       200,000

11/3 地代家賃    180,000

 

売掛金a/c
11/1 前月繰越     300,000

11/1 売上       200,000

 

売上a/c
11/1 前月繰越   9,000,000

11/1 諸口       500,000

 

地代家賃a/c
11/1 前月繰越   1,800,000

11/1 当座預金    180,000

総勘定元帳の記載項目及び帳簿保存について

 

簡易帳簿での記帳

簡易帳簿での記帳方法を採用する場合、下記の帳簿を作成し、保存しておく必要があります。これらについては、複式簿記により記帳する場合も、必要に応じて補助簿として使用することがあるため、重要な帳簿となります。

簡易帳簿での記帳の詳細はこちら‥

 

現金主義での記帳

簡易帳簿と同様、複式簿記によらない記帳方法として現金主義での記帳の方法があります。
これによった場合、下記の帳簿の作成と保存が必要となります。

現金主義での記帳の詳細はこちら‥

平野公認会計士事務所 /大阪府大阪市住之江区粉浜1-27-3 リーアートビル201

平野公認会計士・税理士事務所 /大阪府大阪市西成区玉出中2-13-32-501

(TEL)06-6569-9555 (FAX)06-6569-9445

公認会計士登録番号 第20835号  税理士登録番号 第114767号

重点対応地域:大阪市 阿倍野、住吉、住之江、西成、難波

帳簿記帳記事一覧