受取手形、支払手形

受取手形、支払手形 【簿記3級講義 第8講】

MENU

【簿記3級講義 第8講】 受取手形、支払手形

1、手形の種類

商品売上代金の受取り及び商品仕入代金の支払の際、現金又は小切手以外の手段で精算されることがあります。

 

その他支払い手段のうち代表的な物に、手形があり、手形法上の手形は、下記の2種類に分類されています。

 

①約束手形
②為替手形

 

約束手形とは、手形の振出人(支払人)が手形代金の名宛人(受取人)に対して、一定期日に手形代金を支払うことを約した有価証券です。
為替手形とは、手形の振出人が名宛人(又は引受人、支払人)に対して、一定の期日に手形代金を指図人(受取人)に支払うことを委託した有価証券です。

 

手形

 

簿記上は、これらの手形の振り出しに際して生じた債権、債務がを受取手形、支払手形で処理します。

 

受取手形、支払手形

 

2、手形の会計処理

①手形振出時の処理

 

約束手形で商品を売上げた時の処理及び仕入れた時の処理は、下記の通りとなります。

 

受取手形 ××円 / 売上     ××円
仕入    ××円 / 支払手形  ××円

 

為替手形で商品を売上げた時の処理、及び売掛金保有の得意先の引き受けの下、商品を仕入れた時の処理は、下記の通りとなります。

 

受取手形 ××円 / 売上     ××円
仕入    ××円 / 売掛金    ××円

 

②手形決済時の処理

 

約束手形又は為替手形の手形代金が決済された時時の処理は、下記の通りとなります。

 

預金    ××円 / 受取手形  ××円
支払手形 ××円 / 預金     ××円

 

3、手形の裏書譲渡

企業等は、商品代金の回収等で受け取った約束手形又は為替手形を支払期日が経過する前に、商品代金の決済などのために他人に譲り渡すことがあります。この時、手形の裏面に署名押印して、支払先に当該手形を引き渡すことから手形の裏書譲渡と言われています。

 

手形を裏書譲渡することにより、当然手形債権は移転することになるので、受取手形という資産は消滅することになります。

 

その際の仕訳は下記の通りです。

 

仕入    ××円 / 受取手形  ××円

 

また、手形の裏書譲渡により手形を受け取った場合、手形債権の移転を受けるわけですが、受取手形という資産の増加を認識することになります。

 

受取手形  ××円 / 売上    ××円

 

4、手形の割引

手形の所持人は、運転資金の融通のため、支払期日が経過する前に、商品代金の決済などのために金融機関に譲り渡すことがあります。このような手形を換金する手続きを手形の割引と言います。

 

この場合、金融機関では、支払期日までの期間、手形を担保に資金を貸し付けているに過ぎないので、割り引いた日から支払期日までの期間の利息を手形代金から控除して、残高を手形譲渡の対価として譲り受けます。

 

これを考慮すると、手形代金から差し引かれる金額は利息的性格が強いため支払利息として処理することが考えられますが、簿記上は手形を金融機関に譲渡したと考えているので差し引かれる金額は手形売却損として処理されます。

 

預金     ××円 / 受取手形  ××円
手形売却損 ××円

 

5、受取手形記入帳、支払手形記入帳

手形の受取、振出、引受などにより、手形債権及び手形債務が発生した時に受取手形勘定及び支払手形勘定に記入され、また手形の裏書譲渡、割引、決済などにより、手形債権及び手形債務が消滅した時に受取手形勘定及び支払手形勘定に記入されます。

 

しかし、それらの発生又は消滅の原因については、受取手形勘定及び支払手形勘定の総勘定元帳からは明らかにされません。

 

これに対応するため、手形債権債務の発生及び消滅の原因と金額を記載する管理簿が必要になります。

 

それが受取手形記入帳及び支払手形記入帳です。

 

6、手形貸付金、手形借入金

金銭の貸し借りに当たり借用証書の代わりに約束手形や為替手形を振り出して、その手形を担保にして資金を融通することがあります。

 

これらの資金融通のために振り出される手形を融通手形と言い、商品の売買代金の決済などに使う商業手形とは区分されています。

 

資金の貸し手は手形貸付金勘定(資産)で処理し、資金の借り手は手形借入金勘定(負債)で処理します。

 

手形貸付金 ××円 / 現金      ××円
現金      ××円 / 手形借入金 ××円

 

手形貸付金勘定又は手形借入金勘定を使用せず、単に貸付金勘定又は借入金勘定を使用することもあり、また貸借対照表の表示上は、他の証書借入、証書貸付と合算して記載することが多いと思います。

 

平野公認会計士事務所 /大阪府大阪市住之江区粉浜1-27-3 リーアートビル201

平野公認会計士・税理士事務所 /大阪府大阪市西成区玉出中2-13-32-501

(TEL)06-6569-9555 (FAX)06-6569-9445

公認会計士登録番号 第20835号  税理士登録番号 第114767号

重点対応地域:大阪市 阿倍野、住吉、住之江、西成、難波