決算手続と財務諸表

決算手続と財務諸表 【簿記3級講義 第3講】

MENU

【簿記3級講義 第3講】 決算手続と財務諸表

1、決算の意義

簿記では、日々の取引を簿記上の取引として認識し、仕訳として仕訳帳に記入し、総勘定元帳に転記しているだけでは企業等の経営の状況を把握することはできません。
第1講に記載したとおり、簿記の目的は企業等の財政状態と経営成績の把握です。
この企業の財政状態と経営成績を明らかにするためには、貸借対照表と損益計算書を作成する必要があります。

 

期末に総勘定元帳の記録を整理して、帳簿を一旦締めきり、閉鎖する手続きを行います。
その後、締め切ったデータに基づき、貸借対照表と損益計算書を作成します。
この貸借対照表と損益計算書が一般に言う決算書であり、企業会計上は財務諸表の中に含まれます。
これらの一連の手続を決算といい、決算を行うべき基準となる日を決算日と言います。
通常の企業等では、決算日は年に一日定められているので、その日に実施することになります。

 

2、決算手続

決算は、通常下記の手続で実施されます。

 

①決算予備手続-残高試算表の作成、決算棚卸表の作成、決算整理仕訳の記録
②決算本手続-総勘定元帳の締め切り、仕訳帳の締め切り、繰越試算表の作成
③財務諸表の作成-貸借対照表と損益計算書の作成

 

期中取引と決算手続

 

時に、この決算手続は、精算表と呼ばれる決算手続を一覧できる表により示すことがあります。
しかし、この精算表の作成は正規の決算手続きに含まれておらず、企業等における補助資料的な役割を担うためここでは説明を省きます。

 

3、試算表の作成

試算表とは、元帳の各勘定の増減又は残高を、各勘定ごとに集計した表のことを言います。
試算表は、期中において行った仕訳を仕訳帳から総勘定元帳に転記する際に、正確に行われたどうか検証するために作成され、また期末に決算を行う前の参考データとして利用するために一旦集計されます。
つまり、決算前に期中の処理の正確性を検証し、決算処理前の数値の把握を行うために試算表が作成されています。

 

この試算表は、次の3種類に分類されます。

 

①合計試算表-各勘定ごとに借方の合計金額と貸方の合計金額を集めて作成する試算表
②残高試算表-各勘定ごとの残高を借方か貸方に記載する形式で作成する試算表
③合計残高試算表-勘定ごとに借方の合計金額と貸方の合計金額を集計し、かつ借方か貸方に残高を記載する試算表

 

合計残高試算表

 

4、決算棚卸表の作成、決算整理仕訳の記録

総勘定元帳上の各勘定を締め切る前に、決算独自の処理項目を棚卸する必要があります。
期中の仕訳は、基本的には企業等の財産が変動する取引について行っていますが、決算独自の処理項目も多数あります。
このような決算独自の処理項目を決算整理事項と言い、これにより実施される仕訳を決算整理仕訳と言います。
この決算独自の処理項目を網羅的に決算棚卸表として列挙し、決算を迎える必要があります。

 

決算棚卸表に次のような項目が列挙されます。

 

①現金過不足の確認
②期末商品、消耗品の棚卸
③貸倒引当金の金額算定
④売買目的有価証券の時価評価
⑤固定資産、繰延資産の償却額の計算
⑥収益費用の繰延べ、見越し
⑦引出金の金額の確認
⑧仮払金、仮受金の精算
⑨税金費用の計算

 

5、総勘定元帳の締め切り、仕訳帳の締め切り

決算整理仕訳を仕訳帳に記録し、期中の取引同様、総勘定元帳に転記を終えると、次は本決算手続にを実施します。

 

まず、総勘定元帳を締め切ります。総勘定元帳として使用した勘定すべてにおいて締め切り、財務諸表作成の基礎数値とするためです。
総勘定元帳の締め切り方法は、英米式決算法と大陸式決算法により異なりますが、ここでは簡便な英米式決算法により解説します。
英米式決算法では、損益計算書項目と貸借対照表項目で締め切りかたが異なります。

 

貸借対照表項目の閉め切り方は、各勘定の残高を確認し、その残高が残る借方又は貸方と逆の方に次期繰越額として記載し、一旦貸借を均衡させます。
さらに、次年度に繰り越された残高は、次期繰越額とは逆の方に、本来あるべき借方又は貸方に前期繰越として残高を記載します。

 

次に、損益計算書項目の閉め切り方は、貸借対照表の閉め切り方と異なり、収益と費用を一旦損益勘定に集計するというステップ(損益振替手続)が追加されます。
損益勘定に収益と費用が集計されることにより貸借の差額として当期純利益が計算できます。
この当期純利益の金額は、損益勘定から貸借対照表の資本金に振り替えられます。この損益勘定への振り替えは純資産振替手続といいます。
収益と費用はこの損益勘定への振り替えにより、各収益・費用の総勘定元帳は貸借均衡し、残高はゼロとなるので、締切線を引いて締め切ります。

 

貸借対照表勘定と損益計算書勘定の締めきり方

 

続いて、仕訳帳も締切線を引いて閉め切ります。

 

6、繰越試算表の作成

貸借対照表の各勘定を締め切りが終了すると、貸借対照表の次期繰越額を集計して、繰越試算表を作成します。
この試算表についても残高試算表と同様、貸借対照表勘定の次期繰越額の正確性を検証する機能があります。

 

繰越試算表

 

7、財務諸表の作成

繰越試算表の作成後、これに基づき貸借対照表を作成します。
もう一つの代表的な財務諸表である損益計算書は、収益と費用が集計された損益勘定に基づき作成されます。

平野公認会計士事務所 /大阪府大阪市住之江区粉浜1-27-3 リーアートビル201

平野公認会計士・税理士事務所 /大阪府大阪市西成区玉出中2-13-32-501

(TEL)06-6569-9555 (FAX)06-6569-9445

公認会計士登録番号 第20835号  税理士登録番号 第114767号

重点対応地域:大阪市 阿倍野、住吉、住之江、西成、難波