手形

手形 【簿記2級講義 第2講-2】

MENU

【簿記2級講義 第2講-2】 手形

1、為替手形の振り出し

為替手形は、手形の振出人が名宛人(手形債務者)に対して将来の約束日に手形代金を指図人(手形債権者)へ支払うよう委託する証券です。

 

振出人が為替手形を振り出し、名宛人がその義務を引き受ける意思表示をすることで、名宛人は手形代金の支払義務を負い、指図人は手形代金を受け取る権利を得ます。
約束手形は振出人と名宛人のみが当事者となりますが、為替手形は通常当事者が振出人、名宛人、指図人の三者からなります。

 

また、二者で為替手形を使用する方法として、振出人が自己を指図人として振り出す自己指図為替手形(または自己受為替手形)と、振出人が自己を名宛人として振り出す自己宛為替手形もあります。

 

この自己宛為替手形の振出しは、約束手形の振出しと同じ効果をもちます。

 

為替手形

 

いずれの為替手形でも、手形の振出により手形債務者となったものはその支払義務(=負債)を支払手形勘定の貸方に記入し、手形債権者はその権利(財産=資産)を受取手形勘定の借方に記入します。

 

2、手形の裏書

 

①手形の裏書

 

手形の所持人は、満期日到来前に仕入代金の支払いや債務の弁済のために取引相手にその手形を譲渡することができます、これを裏書譲渡といいます。
裏書譲渡する者を裏書人、譲受する者を被裏書人といいます。

 

裏書人は、満期日に手形債務者が手形代金を支払えなくなり、裏書譲渡した手形が不渡りになった場合、被裏書人から手形代金の償還請求(遡求)を受けることがあります。
これを偶発債務といいます。

 

裏書人は、裏書譲渡に伴う偶発債務を評価して、その時価相当額を保証債務費用勘定(費用勘定)の借方と保証債務勘定(負債勘定)の貸方に計上します。

 

手形の償還請求

 

裏書譲渡した手形が満期日に決済された時、又は手形が不渡りになって被裏書人からの償還請求に応じて債務を履行した時に、偶発債務は消滅することになりますので保証債務は取り崩して保障債務取崩益勘定に振り替えます。

 

ただし、その裏書手形が不渡りとなる可能性がほとんどなく、その評価額がゼロの場合には保証債務にかかわる仕訳は行いません。

 

また、手形の裏書譲渡に伴う上記の仕訳に加え、手形の裏書譲渡高を貸借対照表に注記するために偶発債務を備忘的に仕訳する場合には、次の2つの方法があります。

 

①対照勘定を用いる方法
-手形裏書時

 

買掛金など   ××× / 受取手形 ×××
裏書義務見返 ××× / 裏書義務 ×××

 

-手形決済時または債務履行時

 

裏書義務 ××× / 裏書義務見返 ×××

 

②評価勘定を用いる方法
-手形裏書時

 

買掛金など ××× / 裏書手形 ×××
貸方の勘定科目が受取手形ではなく裏書手形になります。

 

-手形決済時または債務履行時

 

裏書手形 ××× / 受取手形 ×××

 

3、手形の割引

手形を満期日到来前に金融機関などに買い取ってもらい換金することを手形の割引といいます。これも手形の裏書という手続きを必要とするので「手形の裏書」の一形態ですが、手形の割引は手形の裏書と区別されます。

 

手形の割引も手形の裏書と同じく、手形債権の譲渡に伴う偶発債務が生ずるので、裏書の場合と同様に、偶発債務の評価を行って時価相当額を保証債務費用勘定の借方と保証債務勘定の貸方に計上します。

 

通常手形を割り引くと、その日より決済日までの利息相当額が控除されて、手形代金より手取金のほうが少なくなるので、その差額を手形売却損勘定で処理します。
その差額は、実質的には手形の割引日から決済日の利息ですが、簿記上は手形を譲渡したと認識するため手形売却損という勘定で処理することになります。

 

割引に付した手形が満期日に決済された時、又は手形が不渡りになって被裏書人からの償還請求に応じて債務を履行した時に、裏書の場合と同様に、保証債務は取り崩して保証債務取崩益勘定に振り替えます。

 

ただし、割引かれた手形が不渡りとなる可能性がほとんどなく、その評価額がゼロの場合には保証債務にかかわる仕訳は省略されます。

 

① 対照勘定を用いる方法
-手形割引時

 

買掛金など   ××× / 受取手形 ×××
割引義務見返 ××× / 割引義務 ×××
保証債務費用 ××× / 保証債務 ×××

 

-手形決済時または債務履行時

 

割引義務 ××× / 割引義務見返 ×××
保証債務 ××× / 保証債務取崩益 ×××

 

② 評価勘定を用いる方法
-手形割引時

 

当座預金    ××× / 割引手形 ×××
手形売却損   ××× /
保証債務費用 ××× / 保証債務 ×××

 

-手形決済時または債務履行時
割引手形 ××× / 受取手形 ×××
保証債務 ××× / 保証債務取崩益 ×××

 

4、手形の更改

手形の支払人が手形所持人に支払の延期を申し入れ、承諾を得て満期日を延期することがあります。この場合、満期日の到来する旧手形を破棄し、満期日を延長した手形を新たに振り出します。これを手形の更改または書替と読んでします。

 

手形を更改したら、手形の支払人は、支払手形勘定の貸方に新手形の金額を記入し、支払手形勘定の借方に旧手形の金額を記入します。

 

支払手形 ××× / 支払手形 ×××(新手形の金額)
(旧手形の金額)
支払利息 ××× /

 

手形の受取人は、受取手形勘定の借方に新手形の金額、貸方に旧手形の金額を記入します。

 

期日の延長のともなう利息は、現金で授受されることも新手形の金額に含まれることもあるので、ケースバイケースで対応します。

 

5、手形の不渡り

手形債務者が満期日に資金不足のために手形代金の決済ができず、手形債権者に手形代金が入金されない場合があります。

 

これを手形の不渡りといいます。
また、このような手形を不渡手形をいいます。

 

所持している手形が不渡手形になった場合、もはや正常な手形債権ではないため受取手形勘定から不渡手形勘定に振り替えます。

 

手形が不渡りになった場合、手形所持人は、手形の振出人または裏書人に対して償還請求することができるので、償還請求のために支払拒絶証書の作成費用やその他の諸費用を支払った時は、それも請求できるのでその金額を含め不渡手形勘定の借方に記入します。

 

請求した代金を回収できた場合は、不渡手形勘定の貸方に記入します。

 

支払遅延に伴う利息を受け取ったならば、手形代金の回収ではなく収益ですので受取利息勘定で処理します。

 

手形を裏書または割引した者が遡求に応じて請求金額を支払った時は、その金額を不渡手形勘定の借方に記入します。また、ただちに手形の振出人等に対して遡求の手続きを行ったならば、その費用も請求できるので不渡手形勘定の借方に記入します。

 

なお、裏書または割引の際に保証債務を評価、計上していた場合には、保証債務が消滅するので、その評価額を保証債務取崩益勘定に振り替えます。 また、手形の裏書や割引に伴って生ずる偶発債務を対照勘定又は評価勘定で処理しておいた場合には、その消滅を記録するための仕訳を行います。

 

不渡手形が回収不能と判明してしまった場合は、不渡手形を貸倒損失勘定または貸倒引当金勘定で消去します。

 

6、荷為替手形

遠隔地の取引先へ商品を発送する場合、発送人(売主)は運送中の商品の貨物代表証券(貨物引換証や船荷証券)を担保として、荷受人(買主)を名宛人(支払人)とする為替手形を振り出すことがあります。発送人はこの荷為替手形を銀行で割引くことによって、代金の早期回収をはかるのできるからです。
この手形を荷為替手形または荷為替といいます。

 

荷受人は、銀行から荷為替手形の提示を受けて、それを引き受けるかまたは手形代金を支払うことによって貨物代表証券を受取ります。
荷受人は、この貨物代表証券と引換えに運送業者から商品を引き取ります。
荷為替手形の金額は発送した商品の代金の70~80%程度とするのが普通です。

 

荷為替手形

 

発送人は、荷為替手形を振り出して割引に付したとき、借方については、通常の手形割引と同様に処理し、荷為替手形と商品の代金の差額を売掛金とします。

 

当座預金    ××× / 売上 ×××
手形売却損   ××× /
売掛金      ××× /

 

荷受人は荷為替手形を引き受けた段階で手形債務者となるので、支払手形勘定に記入し、未決済分を買掛金とします。貨物代表証券を商品と交換するまでは、手持ち商品と区別するために未着品勘定の借方に記入します。

 

未着品    ××× / 支払手形 ×××
/ 買掛金   ×××

平野公認会計士事務所 /大阪府大阪市住之江区粉浜1-27-3 リーアートビル201

平野公認会計士・税理士事務所 /大阪府大阪市西成区玉出中2-13-32-501

(TEL)06-6569-9555 (FAX)06-6569-9445

公認会計士登録番号 第20835号  税理士登録番号 第114767号

重点対応地域:大阪市 阿倍野、住吉、住之江、西成、難波