現金預金

現金預金 【簿記2級講義 第1講-1】

MENU

【簿記2級講義 第1講-1】 現金預金

1、現金の意義

簿記上、現金として処理するものは下記のものとなっています。
一般的に現金とされる貨幣、紙幣以外のものも含まれていますが、銀行持ち込み等によりすぐにでも現金に換金できる通貨代用証券であるため簿記上は現金として処理されることになっています。

 

①貨幣、紙幣、外国紙幣
②他人振出小切手
③送金小切手
④郵便為替証書
⑤株式配当領収証書
⑥期限の到来した公社債利札

 

これらについては、企業等の所有財産ですので、当然会社の資産に区分され、取得時には借方記載されます。
なお、②の他人振出小切手は銀行取り立てにより現金化出来ますが、自己振出小切手は振出時に当座預金のマイナスとして処理しているため当座預金のプラスとして処理されます。

 

2、現金出納帳

現金の入出金の際に仕訳帳に仕訳記載し、総勘定元帳に記載するのは当然ですが、これとは別に現金出納帳という補助簿を設けて記録することがあります。
現金出納帳は、現金の補助簿であるので、現金の入出金の明細を記録することになります。

 

3、現金過不足

現金勘定への記載誤り、記入漏れや現金の受け払いの間違いにより、現金の帳簿上の残高と現金の実際有高が異なる場合があります。
このような場合、当該差額の原因を調査し、原因が判明し次第帳簿上の数値を調整したり、受け払いの結果現金有高を増減させ、差額を解消します。

 

しかし、差額の原因がすぐに判明しない場合、帳簿上の現金と現金の実際有高の差額を解消するために、帳簿上の現金を現金の実際有高に修正します。
この修正する時の現金の相手方勘定は現金過不足として処理しておきます。
後日、差額の原因が判明した場合、現金科不足勘定で処理された金額を本来あるべき勘定に振替ます。
また、決算日になっても、差額の原因が判明しない時は、雑収入又は雑損失として処理することになります。

 

現金過不足の処理の例-現金有高が帳簿残高より少ない場合

 

現金過不足 ××円 / 現金      ××円
旅費交通費 ××円 / 現金過不足 ××円
雑損失    ××円 / 現金過不足 ××円

 

4、預金

預金は、銀行との取引契約に基づいて現金を預けた場合に現金を返還請求できる権利を言います。
簿記上の預金には、普通預金、定期預金、当座預金などがあります。
これらについては、企業等の所有財産ですので、当然会社の資産に区分され、取得時にはそれぞれの預金の種類の勘定で借方記載されます。

 

5、当座預金、当座借越

銀行と当座取引契約を締結することにより、その預金の引出しに小切手を用いることができるようになります。
小切手を振り出した時点で当座預金の減少として、当座預金勘定の貸方記帳することになります。
また、当座預金残高を超えて小切手振出した場合に、一定限度額までの支払いに応じるよう銀行と取引契約(当座借越契約)を結ぶ場合があります。

 

預金残高を超えて小切手を振り出した場合、この借入超過額の処理の方法には次の2つの方法があります。

 

①当座預金勘定のほかに、当座借越勘定(負債の勘定)を設けて、借入超過額を当座借越勘定の貸方に記入する方法

 

預金残高を超えて小切手を振り出した場合、当該差額だけ当座借越として処理され、負債区分に属する当座借越勘定で処理されます。
この当座借越勘定で処理された後に、当座預金として入金された時は、まず当座借越勘定のマイナスとして処理し、当座預金勘定の残高が無くなると、次に当座預金勘定として処理されます。

 

当座預金勘定と当座借越勘定を設ける方法

 

また、これと別の方法もあります。

 

②当座勘定(資産または負債の共通勘定)だけを用いて、当座預金口座の増減をすべて記入し、その貸方残高によって当座借越額を表現する方法

 

当座借越しがあるかどうかにかかわらず、当座勘定として処理する方法です。
つまり、当座勘定が借方残高である場合は当座預金残高を意味し、当座勘定が貸方残高である場合は当座貸越残高を意味します。

 

当座勘定のみ設ける方法

 

6、銀行勘定調整表

会社は、当座預金に関する帳簿記録が正確であるか確認するために、銀行が作成した残高証明書と当座預金の帳簿残高とを照合します。
少なくとも決算期末には、会社の貸借対照表に正確な預金残高を計上するために預金残高が正確に記帳されているのかします。
この二つの金額が一致しない場合には、銀行勘定調整表を作成してその原因を調査し、必要であれば会社の帳簿を修正する必要があります。

 

金額の不一致が生ずる主な原因

 

①企業では預入れの記録をしたが、銀行では未記入の場合
 例:銀行の締切後預入れ
②企業では引出の記録をしたが、銀行では未記入の場合
 例:未取付小切手、未渡し小切手
③銀行では預入れの記録をしたが、企業では未記入の場合
 例:得意先からの売掛金の振込
④銀行では預入れの記録をしたが、企業では未記入の場合
 例:借越利息・経費などの引落し
⑤その他:企業側の誤記
 不一致の原因がみつかり、会社に修正・記入するべき事項があれば行います。
 原因①・②の場合は修正・記入の必要はありません。
 原因③・④・⑤の場合は修正・記入する必要があります。
 銀行勘定調整表の作成方法として、次の3つがある。

 

(1)銀行の残高証明書の残高を起点として不一致の原因となる項目を加減して、企業の当座勘定残高に一致させる方法
(2)企業の当座預金勘定の残高
(3)銀行の残高証明書の残高と企業の当座預金勘定の残高のそれぞれに不一致の原因となる項目を加減して、2つの金額を一致させる方法。
問題に出題されるものは上記のうちどれかですが、特に理解しやすいのは(3)の作成方法かと思います。これに調整項目を記入すると下記の通りになります。
銀行残高調整表

平野公認会計士事務所 /大阪府大阪市住之江区粉浜1-27-3 リーアートビル201

平野公認会計士・税理士事務所 /大阪府大阪市西成区玉出中2-13-32-501

(TEL)06-6569-9555 (FAX)06-6569-9445

公認会計士登録番号 第20835号  税理士登録番号 第114767号

重点対応地域:大阪市 阿倍野、住吉、住之江、西成、難波